ホーム
tinderは無料だけど全然会えない!リアルな評価・口コミを徹底調査!
tinderは果たして本当に出会えるのか?使い方と攻略法まとめ
tinderを攻略するにはどうしたらいい?詳細別のポイントまとめ
マッチングアプリ

tinderを攻略するにはどうしたらいい?詳細別のポイントまとめ

この記事を読んでいるということは、あなたはtinderを知っている、もしくは聞いたことのあるという方ではないでしょうか。

実際に使っているという方もなかにはいることでしょう。

日本でも2015年を機に一気に広がり、有名なマッチングアプリとなりました。無料で使うことができますし、実際に出会うこともできるのでマッチングアプリを使いたいと思っているビギナーには一見ぴったりのツールのように思えますね。

ただ、簡単に使えるからか真剣に使っているユーザーは少ないのが現在のtinder。せっかく使うのであれば、より多くの素敵な人と出会いたいもの。いくら料金がかからないとはいえ、あなたの貴重な時間を使っていますし、出会えないのであればもったいないです。

普段何気なく使っているtinderですが、上手く使うことができれば出会いの数も急増します。今回はそんなtinderの攻略方法をこれを読んでいるあなただけに公開しますので、最後まで読んでいってくださいね。

 

tinderの攻略はユーザーにあり

マッチングアプリは現在日本に30種類以上あるとされています。それぞれには特徴があり、当然その特徴によってユーザーも変わってきます。マッチングアプリはいわば個人と個人のマッチングの懸け橋となるものです。

求めているユーザーがいなければ登録損になってしまうというわけですね。

では、tinderはどのようなユーザーがいて、どのような目的がある人が使うべきなのでしょうか。マッチングアプリを選ぶ根本ですが案外このフェーズを飛ばしてしまっている方は多いです。

せっかく登録したのに、理想の相手とマッチングしない、なんてことにならないようにここでリサーチしていきましょう。

 

どんな人が使っているかを知ろう

まずはどんな人がtinderを使っているかについてですね。使っている年齢層ですが男性では20~30代後半まで、中には40代もちらほらといます。女性は20~30代中盤までといったところでしょうか。非常に幅広い年齢層に使われていることが分かりますね。

中でも多いのが男性では20代中盤、女性では20代後半という印象。出会いたいターゲットがヒットしているのであればニーズとマッチしています。

職種は男女様々で、ビジネスマンから自営業まで多くの職業の方と出会うことができますよ。もちろん学生もいるので若い方が好みという方も安心してください。女性にはフリーターも一定数いるようで、経済的に自立している大人な人を狙って使っているという人も少なくありません。

写真は公開している人がほとんどですが、身バレを防ぐために本人以外のアイコンを使っている人も多くいます。マッチングアプリなので、どこで選んだらいいのか分かりませんが、素性を隠してでもマッチングアプリを使いたいという人がいるということですね。

参考までに本人以外のアイコンは女性の方が多くなっています。

 

ユーザーの目的は恋人探しではない?

これはtinder特有の現象かもしれませんが、ユーザーの使っている目的が恋人探しだけではないんです。「マッチングアプリなのにどうして?」そう思う方も多いでしょう。実はtinderはマッチングアプリではありますが、同性も探すことができマッチングすることができるようになっています。

そのためか、同じ趣味を持った人同士で集まるためにマッチングアプリを使っている人もいるのです。

要は単なる友達探しのために使っているということですね。もちろん同性だけの友達を探しているわけではなく、異性の友達を探している人もいます。

そういった人が使っているのもtinderの特徴です。他には、単なる暇つぶしというユーザーも一定数います。暇なのかどうなのかは分かりませんが、このような人はマッチングしてメッセージを送ってもなかなか続かないので、真剣に出会いを探している人は避けた方が良いです。

多くはプロフィールに書いているいますが、そうでない人もいるのであまり深追いしないようにしましょう。

それから、ごく稀ですがビジネスを広げるために利用している人もいます。今まで何人かとマッチングしたのですが、こちらをカモにすることしか考えておらず、恋人のようには発展しなかったので避けていった方がいいですね。

 

ターゲットは日本人?外国人?

tinderの特徴の1つでもありますが、発祥がアメリカのためか外国人の割合が他のマッチングアプリに比べて群を抜いて高くなっています

現在日本で名のあるマッチングアプリのほとんどは国内初なので、日本人の利用率が高いです。

その面でみると、tinderは外国人と出会いたいと思っているユーザーにとってはかなり有効な手段といえますね。逆に日本人と出会いたいと思っているのであれば、他にもっと良いマッチングアプリがあるのでそちらを使った方が良さそうです。

大きなくくりにはなりますが、ターゲットを絞っていくことはマッチングするにあたって非常に重要なので、自分はどんな国の人と出会いたいのか今一度考えてみてください。

外国人の割合ですが、北欧、欧米の人はもちろん多いです。さらに最近では中国、台湾、韓国といったアジア圏の人も増えてきています。tinderの検索範囲にもよりますが、参入している人が多い国のユーザーも追っていくと戦略が立てやすいですよ。

 

写真があなたへの入口!ポイント3つ

マッチングアプリにおいてプロフィール写真は非常に重要ですよね。あなたもマッチングアプリを利用したことがあるのであれば分かると思いますが、写真を見て相手のことを判断するのがマッチングアプリ

残酷かもしれませんが、第一印象はやはり外見で判断する人がほとんどです。というよりも人間の本能として当然のことなので、外見で判断します。このフェーズでアウトを貰ってしまうと、もちろんその先へは進むことはできません。

tinderはLikeを送る際のトップ画面には写真しか表示されないので、より大きなウェイトを占めることになります。

tinderでマッチングするための第一歩は写真にあるといってもいいでしょう。つまり写真が良ければマッチングする確率も上がるということ。ポイントをしっかりと掴んでtinderを攻略していきましょう。

 

1.顔が鮮明に写っているものが最重要

まずは写真の中に誰が写っているかですが、ここを把握していないと正直相手にもされないでしょう。

マッチングアプリなので、写っているのはあなた自身が望ましいです。できれば単体で写っているものを選んでください。ありがちなのが友達と一緒に写っているものをアップすることなのですが、これはあまり賢明な判断ではありません。

その写真を見ることを想像してみてください。どちらがあなたか分かりませんよね。そのような写真はスルーされてしまう傾向にあるので注意が必要です。写真に写っているどの人が好みかは見ている人によって異なりますが、もしあなたでない人が好みだった場合落胆されることは間違いないでしょう。

そしてあなたが単体で写っているものを用意できたら、1番先頭にアップするようにしてください。というのもtinderではトップに1枚目の写真しか表示されないようになっています。つまり大多数の人が見るのは1枚目のみということなるのです。

たった1枚なので渾身の1枚を選択して、Likeを量産しましょう。

 

2.明るさ調整で印象操作

Likeを貰いやすい写真には共通していることがあります。それは明るい写真であるということです。ここでいう明るいというのは、明るい印象の写真という意味ではなく照明の方の明るいを指します。

明るい写真は見ている人にポジティブな印象を与え、惹きつける力があるのです。SNSにこぞってアップされている盛れる写真のほとんどが明るいので、お使いの端末で実際に見てみてください。

また、自身のフォルダにある写真を明るさ調整して比較してみるのも効果を知るにはいい方法です。

現在のスマホには初期の段階で画像編集ができる機能が備わっています。その機能で明るさを後から調整するのもいいですが、カメラアプリを使うのがお手軽です。

最近の流行りの盛れるカメラアプリは、この明るさ調整が非常に優れており違和感のない明るさを演出してくれます。中でもおすすめなのが美图秀秀(日本ではMeitu)という中国発のカメラアプリ。研究者が自然な感じで1番綺麗に写るのはどの明るさか研究し、その明るさに自動で調整してくれるAIが搭載されています。

手間もかからず簡単に明るい写真が撮れるので、それらを駆使してtinderに乗り込みましょう。

 

3.tinderはちょっぴりセクシーなのがモテやすい

単体で明るい写真を撮る準備ができたら、あとはどんなポーズにするかだけですね。顔だけアップのものがいいのか、引いて全身を撮った方がいいのか悩みます。

これに関していえば、できれば顔のアップの方が好ましいです。ちょっとズルいかもしれませんがその方が盛りやすいですし、見ている人にかわいいことをアピールすることができます。

そして少しだけ意識してほしいのが、ちょっぴりセクシーにすること。tinderのユーザー層は広く、ライトな感じで利用している人もいます。そのためか、セクシーな雰囲気の写真の方が反応が良い傾向にあるのです。攻略するには欠かせない情報なので秘密にしておいてくださいね。

ちょっぴりセクシーにとはいいましたが、無理に撮る必要はありません。ありのままのあなたの方が豊かな表情が撮れることは確かです。行き詰ったら差し替えるというスタンスでもいいかもしれませんね。

 

写真の次はプロフィール!ポイント3つ

写真がいいなと思ったら次はどこを見るでしょうか。そうです。プロフィールを見るんです。

プロフィールにはその人の詳しい情報だったり、tinderを使っている目的が書かれています。もっとその人のことが知りたかったら見にいくことでしょう。

この段階ではLikeはされていない状態なので、プロフィールはLikeをしてもらうのに大きな影響を与えます。しっかりと書いてマッチングしたいなと思わせられるようにしましょう。

 

1.文字数は300~600字

プロフィールの文章の長さは読むか読まれないかを分ける命運を握っています。内容ではなくて文字がどれだけ並んでいるかが重要です。

短い方が当然読まれる可能性は高くなっています。すぐに読めるなら、というよりは目に入ったら読めてしまいますよね。

逆に長いと、一文も読まれることなくスルーされてしまうので注意が必要です。ではどのくらいの文章の長さが丁度良いのでしょうか。

読まれることだけを考えるのであれば短い方がいいのですが、情報が少なすぎては積極性がないと判断されてしまいます。広告とは違うのでtinder内のプロフィールとしては不適切です。

統計上では100文字以内と300文字以上ではLikeの受信率に40%以上の差が出ていることが分かっています。受診率が高いのは300文字以上の方です。つまりあなたの人柄をより詳細に伝えられているかが重要になってくるということ。

ただ、あまりに長く書きすぎてしまうと読まれることがなくなってしまうので、長くても600字以内に抑えるように心がけましょう。

600字というのは飽きることなく文章を読むことができる文字数になります。作文の原稿用紙1枚半と考えると分かりやすいですかね。

プロフィールの文章を考えるときは300字以上600字以内というのを頭に入れて考えると、Likeを貰いやすくなるのでぜひ試してください。

現状で300文字未満、600字以上の方は再考してみるいい機会なので、自身のプロフィールをもう一度読み直してみるのもいいかもしれませんね。

 

2.趣味ややりたいことを明確に

相手があなたのプロフィールを読むということは、あなたに興味がある証。「どんな人なのかな?もっと知りたいな」と思ってプロフィールを見に来るはずです。

それなのに「友達に勧められてはじめました」や「返信は遅いです」だけだと、見に来てくれた人のニーズに合いません。つまらない人だなと左にスワイプされることでしょう。

それを防ぐためにも、あなた自身のことをしっかりと書くようにしてください。好みの男性のタイプやどんな仕事をしているかでもいいですが、ベストなのは趣味のことやこれからやりたいことを書くことです。

趣味は誰しも知りたいことですし、話のとっかかりにはもってこいですよね。人は共通していることがあると、仲間意識を持ちやすくなります。同じ趣味の人であれば、それだけで親近感が湧くということですね。

このことからも「プラモデルを作ることが趣味です」というコアなものもよりも、多くの人が持っている趣味の方が関心を引くには効果的だということが考えられます。あなたが本当に大好きな趣味も書きつつ、みんなが好きそうな趣味も追加しておくといいですよ。

さて、これからやりたいことを書くのがいい理由ですが、これは会うために打つ布石と考えておいてください。会うための布石なので、できるだけ簡単に実現できるものの方がいいです。例えば「日本酒専門店に行きたい」なんかであれば、行こうと思えば行けますよね。これが「日本酒を将来作ってみたい」だとすぐにはできません。要は会うための口実として使うのでハードルの低いものの方がいいということです。

手軽なのは行きたい居酒屋やレストランを書くことでしょうか。他にはスポーツなんかも一緒にできるので使いやすいです。近い未来のことも考えてプロフィールを書いていくことが攻略の秘訣になります。

 

3.空いてる日のアピールで積極性を

空いている日を書くということは、それだけ出会いに積極的だということが伝わります。出会いを求めている人からしたら積極的な人の方がいいのは言うまでもないですね。可能性がある人にLikeを使いたいわけなので、男性のユーザーは特にそう思うでしょう。

また、はじめから空いている日を提示しておくことで、会う際に予定を調整するのが相手だけになりスムーズに日程を決めることができます

マッチングアプリを利用していると同時にやりとりする人が増え、メッセージがめんどくさくなってきてしまうものなのです。めんどくさくなったら返信率も当然下がってきます。tinderに限らずマッチングアプリでよくあるのが、いざ会おうとなってもなかなか予定が合わずに話自体が消滅してしまうということ。

A「○日は空いてますか?」

B「ごめんなさい。ちょっとその日は…」

A「では○日はどうでしょう?」

B「その日も予定があって…」

こうなると「じゃあいいわ!」ってなりますよね。このやりとりがなくなるだけでも、空いている日を書くことに意味があります。誘う方も相手の予定が分かった方が誘いやすいので、書いておくようにしましょう

休みが不定期の場合は、その旨を書いておくのがいいです。

 

メッセージで相手の心を鷲掴み!ポイント3つ

プロフィールまで完璧に仕上げたら、あとはマッチングするのを待つのみです。気になっている人とマッチングができたらひとまず成功といえるでしょう。

マッチングしたら次は何をするかですが、お分かりの通りメッセージのやり取りです。このメッセージによって、その人がどういう人なのかを判断していきます。会えるかどうかも、このときのメッセージ内容によるので気を抜かないようにしてください。

メッセージでがっちりと相手の心を鷲掴みにしてしまいましょう。

 

1.メッセージでは自分のことを知ってもらう

まず、メッセージの役割について考えてみることにしましょう。メッセージは何のためにするのか考えてみてください。

マッチングした人のことを知るため?それとも自分のことを話すためでしょうか。

多くの人はマッチングした人のことを知りたいと思い、メッセージをしています。しかし、この目的だと相手を質問攻めにしかねません。実際、相手のことが知りたいがために質問攻めにして嫌われしまう人が多くいるので、そうならないような工夫が必要です。

聞かれる方の立場になって考えてもみてください。ネット上とはいえ知らない人に自分のことを聞かれるのはなんだか怖いものですよね。見ず知らずの人になんでもかんでも話すことはありません。特にtinderでは本人確認がされているわけでもないので、なおさらですね。

そこで相手のことを聞くために、まずは自分のことを話す必要があるのです。心理学でいうとこれは自己開示というものになります。この自己開示をしっかりとすることで、相手は自分のことを信用しやすくなり、深い話もしやすくなるというわけなので活用していきましょう。

そういう意味での自分のことを知ってもらうです。自分のことだけをスラスラと語るというのとはわけが違うので、そこの線引きはしっかりとしてください。

どういう風に会話を運んでいくか考えながら、メッセージをすることが大切になってきます。内容ももちろんですがテンポ良くやりとりすることが、色々話してくれるコツでもあるので多くの人とメッセージをして自分のテンポを確立していきましょう。

 

2.相手に関心があることも伝えよう

メッセージをしていく上で大切なのが、関心があるということを相手にしっかりと伝えるということです。マッチングしている時点で関心があるということにはなりますが、その関心がどういったものなのかは分かりません。

好意があるのであればストレートに伝えた方がいいですね。好意を伝えられて嫌な思いをする人はいません。「凄くタイプだったのでマッチングできて嬉しいです」「ポジティブに考えられるところ凄く素敵です」なんでもいいですが、素直に伝えた方が後々上手くいきやすいです。

恥ずかしいかもしれませんが、しっかりと伝えてくことが攻略への近道ですよ。

 

3.会うための誘い文句

マッチングアプリではマッチングして、メッセージでやりとりをしたら終わりではありません。最終的には現実で会って、付き合うところまでいけたらいいですよね。

そのためには遅かれ早かれ会わなければなりません。ただ、ネット上から実際に会うとなるとやはり警戒しますし、考えます。では「会おう!」「会いたい!」と思わせるにはどうしたらいいのでしょうか。

簡単なのは会う理由を作るということです。つまり会わなければできないことを一緒にしようと誘えばいいのです。よく使われるのはご飯や飲みですね。一緒にご飯を食べたり、お酒を飲んだりすることは実際に会わなければできないことです。それに毎日することなのでハードルも低く合意を得やすいです。

その他だとダーツやビリヤードといったスポーツもいいでしょう。ワイワイ楽しむことができますし、会社帰りなんかでもできるのはありがたいです。

とにかく会うための誘い文句は実際に会って何かをするという目的を持たせるようにしましょう。

 

男女別の攻略方法ももちろんあります

攻略法は男女共通していえることが多いですが、tinderの場合は違います。使い方や見るところが少しずつ違ってくるので、その分差が出るということです。

男女の特性を知ることでよりマッチングを増やすことができ、出会いの機会も増やすことができます。性別の差を上手く利用して1段階上の使い方ができたら攻略できたも同然ですね。

 

男性は数をこなすことが最優先

tinderにおいて、写真やプロフィールの文章の重要性は分かって頂けたと思います。ただ、男性だけのことを考えればもっと重要なことがあるのです。

それは数をこなすということ。どんなにイケメンで盛れている写真を撮ろうと、どんなに素晴らしいプロフィール文章を書こうと見られる機会がなければ意味がありません

男性は無料会員であれば12時間で120Likeを送ることができます。このLikeはフル活用するようにしましょう。

女性も男性と同様にマッチングする人を検索することはできますが、ほとんどの人は使っていません。それよりも自分にLikeをしてくれた人を見ることで手一杯だからです。

このことから分かるのは、tinderにおいて女性は受動的であるということ。男性は自らLikeを積極的に送らないと女性の目に触れる機会がないということが分かります。

余すことなくコンスタントにLikeを送るように心がけることでマッチングの数も多くすることができますよ。

 

女性は写真に力を入れよう

女性の場合は男性がどのようにしてLikeを送るかどうかを決めるのかを考えてみましょう。

男性がLikeを送る際に、検索画面で見るのはトップに表示される写真です。興味がある人であればプロフィールまで見るかもしれませんが、見てくれる人はそう多くはありません

男性はLikeを送れる数が限られているとはいえ100人以上のプロフィールを見るということはまずないです。30人も見たところで疲れたり、飽きたりしてしまうんですよね。するとそのあとの行動がどうなるかは分かるでしょう。写真だけで判断していくようになるのです。

大多数の女性のプロフィールは読まれていないということになりますが、男性の母数が多いのでしっかりと読んでくれている人もいますので気は抜かないでくださいね。

しかしながら、やはり写真で判断される機会が多いというのは紛れもない事実です。何枚も何枚も撮って、1番綺麗な状態の姿で男性の心を誘惑してしまいましょう。

 

tinderよりもおすすめできるマッチングアプリ2選

tinderは無料ですし、非常に優秀なマッチングアプリですが攻略には少し手間がかかります。それに時間がかかることも確かです。

恋人が欲しいのならばもっと早く、手間もかけずに作る方法があります。今回はtinderよりも簡単にマッチングすることができるマッチングアプリをご紹介しますね。

tinderを使いつつも他のものを使うのもいいですよ。

 

真剣に友達をみつけるならPairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)は、マッチングアプリの中でも会員数が300万人以上で国内No.1です。

1ヵ月の利用で3980円の月額費が必要ですが、登録してから無料で女性のプロフィールを30人までみることができます。

しかし、メッセージのやり取りができないため、月額固定の料金を払うのが必須です。

NASDAQ上場企業「株式会社エウレカ」が運営しているので、信頼度の高いマッチングアプリと言えます。

 

友達も恋人も見つけるならomiai(オミアイ)

omiai(オミアイ)は、Facebook連動アプリのため実名登録を行っているマッチングアプリ

実名登録とはいえ、実際に公開されたりFacebookのタイムラインに表示されたりはしないので、周りの友人にもバレずに安心して利用できます。

他のマッチングアプリでは、女性は利用料無料ですが、omiaiでは女性も有料会員登録が必須。

つまり、真剣な出会いを求める女性が多いので、業者やサクラがいません。

真剣に婚活をしている男性を探しているので、条件さえ合えば出会いやすいのが特徴。

まとめ

tinderの攻略は今回書いたことを実行すれば、できるようになります。すでに使っているという方も、もう一度自分のプロフィールを見直してみてください。

マッチングする確率を今よりももっと上げることができるかもしれません

tinderを使いこなして素敵な出会いを探しにいきましょう!

tinderだけじゃ物足りないという方は他のマッチングアプリの登録も忘れずに。

関連記事RELATEDARTICLE

おすすめ記事RECOMMENDED