ホーム
【マッチドットコム】10年間彼女がいなかった僕が彼女ができた使い方はコレ
マッチングアプリ

【マッチドットコム】10年間彼女がいなかった僕が彼女ができた使い方はコレ

マッチドットコムって興味はあるから使ってみようか迷っているけど、本当に出会えるの?

あなたは今このような疑問を持っていませんか。

 

私はマッチドットコムを使う前は大手のマッチングアプリを利用していました。

しかし、女性とは全く出会えず退会しました。

このアプリで出会えなかったらもう諦めよう…」と決意して利用したのがマッチドットコムです。

マッチドットコムはユーザー数・機能性の両方に優れており、10年間彼女がいなかった僕でも1ヵ月で彼女ができました。

今回はマッチドットコムをフル活用する使い方を紹介します。

マッチドットコムってなに?


マッチドットコムとはアメリカでサービス開始された恋愛・結婚希望者が利用するいわゆる「まじめ系」のマッチングアプリです。

男女ともに恋愛目的・婚活目的で登録しているので、出会いに対して真剣な会員が多いのが特徴です。

会員数は累計187万人以上で、積極的な女性が多くサクラがいないことで有名。

僕はマッチングアプリの中でイチオシのアプリです。

マッチドットコムの機能を使ってみよう

アメリカ発のマッチングアプリって使いにくそう…」と思われるかもしれません。

ですが、実は使い方は超シンプルです

今回は出会いをサポートしてくれる基本的な機能について説明します。

各機能の使い方を把握して出会い率をアップしましょう!

検索機能

①では「場所」「範囲」「年齢」「性別」の指定ができます。

青い破線部をクリックして入力するだけなので簡単に設定することが可能です。

②のアイコンは左から順番に「好みの詳細条件の設定ボタン」「検索の詳細条件の設定ボタン」「検索条件の保存ボタン」の3つです。

各ボタンの機能はこのようになっています。

好みの詳細条件の設定ボタン・・・「興味」「外見」「パーソナル」「ライフスタイル」という項目から条件を設定する
検索の詳細条件の設定ボタン・・・「利用状況」「新着」「年齢」など全部で9種類の項目から設定する
検索条件の保存ボタン・・・使用した検索条件を保存する

検索機能を上手く使うことで自分好みの女性に出会える確率が高くなるので積極的に利用してください。

足あと

「足あと」は、女性ユーザーがあなたのプロフィールを確認してくれた履歴です。

画像で表示されている数字が実際に自分のプロフィールを見た女性の数です。

足あとをつけた女性は、あなたのプロフィールに興味をもって確認しにきているので、足あとからメッセージを送ると高確率で返信がもらえますよ。

もちろんあなたが気になる女性へ足あとを残して返信をもらう逆パターンもあります。

ウィンク

ウィンクは気になるお相手に対してアプローチをすることができる方法の1つです。

「いいね」や「メッセージ」よりも気軽にアピールできるのがメリット。

いいね

女性への王道アプローチが「いいね」機能です。

女性のプロフィールからハートマークをワンクリックすることで「いいね」が送れます。

気になる女性には積極的に「いいね」を送りましょう。

すごく気に入った女性がいれば、「いいね」+メッセージ送信で返信率UPを狙ってください。

お気に入り

気に入った女性会員を保存することができます。200人まで登録が可能です。

お気に入りはアプローチ機能ではないので、使い方は自由です。

マッチドットコムの会員登録方法

マッチドットコムの会員登録は無料です。必要なものは「メールアドレス」だけなので登録もサクッと終わります。

登録は約3分ほどで完了します。

登録手順を説明するまでに、コチラからマッチドットコムの公式サイトに移動してください。

マッチドットコムの公式ページに移動する→

「都道府県」、「都市」を選択して「続ける」をクリックします。

自分の性別と相手の性別を選択して「続ける」をクリックします。

マッチドットコムからの連絡を受け取るためのメールアドレスを入力して、「続ける」をクリックします。

パスワードを入力して「続ける」をクリックします。
※半角英数字およびアンダーバーが使用可能です。

生年月日を選択して「続ける」をクリックします。

ユーザー名を入力して、「続ける」をクリックします。
※半角英数字およびアンダーバーが使用可能です。

①相手の年齢を選択します。
②相手が住んでいる地域を選択します。
①②の選択後「マッチングスタート」をクリックします。

好みの女性のルックス(髪色・目の色・体型・身長)を設定し、「続ける」をクリックします。

相手の学歴と使用言語にチェックをいれ、「続ける」をクリックします。

相手の人種、宗教にチェックをいれ、「続ける」をクリックします。

相手の交際状況・子供の有無・子供がほしいかどうかにチェックをいれ、「続ける」をクリックします。

相手の収入・飲酒・喫煙の項目にチェックをいれ、「続ける」をクリックします。
この項目で理想相手の設定が完了します。

次は登録者の情報を入力していきます。

自分の外見を選択し、「続ける」をクリックします。

自分の結婚歴・子供の有無・宗教・政見を選択し「続ける」をクリックします。

自分の最終学歴・職業・収入を選択し「続ける」をクリックします。

自分の喫煙・飲酒・好きなスポーツを選択し「続ける」をクリックします。

自分の話せる言語・人種を選択し「続ける」をクリックします。

自分の地元のお気に入りの場所・ペットの有無・飼いたいペットを設定して「続ける」をクリックします。

自分の趣味を入力またはチェックをいれて、最近読んだ本の説明を入力して「続ける」をクリックします。

自分をPRする最も重要な設定です。200文字以上入力が必須です。
入力後「続ける」をクリックします。

自分のプロフィール写真を設定します。


写真を登録しておくことで、信頼度のアップと足跡がもらいやすくなるので必ず設定してくださいね。

①「FACEBOOKからインポート」「PCからファイルをアップロード」のどちらかを選択し自分の写真を登録してください。
②にアップロードした写真が表示されるので、OKなら「続ける」をクリックします。

これで会員登録は終わりです。所要時間は3分程度です。

最後に自分にマッチした女性を紹介してくれます。さっそくアプローチしてみましょう!

有料会員のメリットとは

無料会員でも十分に使えますが、有料会員になるとより出会いやすくなります。

さらに有料会員にも「基本プラン」と「バンドルプラン」があります。

有料会員になると「足あとの確認機能」や「特定のユーザーを検索非表示にできる機能」などが利用可能です。

バンドルプランでは有料会員にプラスして、「優先的なプロフィール表示機能」や「メッセージの既読機能」などが使えます。

マッチドットコムを半額で利用する3つのステップ

マッチングドットコムを利用料金を半額にする嬉しい裏ワザを紹介します。

会員登録完了後にすぐに有料会員にアップグレードするのはちょっと待ってください!

実はたったの3ステップで月額料金を半額にできます。

3ステップと言っても「マッチドットコムの会員登録方法」で紹介した手順にプラスアルファの設定でかんたんにできますよ!

やらなきゃ損ですのでぜひ参考にしてみてくださいね。

STEP1;公式サイトから登録する

まずは、コチラから公式サイトに移動してください。

マッチドットコムの公式サイトに移動する→

STEP2;プロフィールと自己紹介を入力する

こちらも会員登録手順で説明した手順でOKです。

プロフィールと自己紹介などは登録後にいくらでも自由に編集できますのでサクッと終わらせましょう!

STEP3;「割引お知らせ受信」にチェックを入れる

このSTEPが重要です!半額になるカラクリはこの「割引お知らせ受信」の設定です。

トップ画面の「設定」をクリックします。

「メールオプション」を選択します。

「Matchオファー – Match.com有料サービスの割引やその他のオファーを受信する」にチェックをいれて「更新」をクリックします。

以上です。簡単でしたよね?

これであとはマッチドットコムから半額クーポン付きのメールを待つのみです。

登録するタイミングにもよりますが、およそ1週間~2週間程度で半額クーポン付きのメールを受信します。

メールを待っている間は、気になる女性に目星をつけて準備をしておきましょう!

こんな人にはこのアプリがおすすめ

マッチドットコムは使いやすく出会いやすい優良アプリです。

しかし、「恋人だけを探している」「結婚相手だけを探している」という目的が明確な人には他のアプリがおすすめです。

恋人探しなら「ペアーズ」がおすすめ

ペアーズ

恋活アプリで人気No.1なのが「ペアーズ」です。

「恋人をつくりたい」という方は、ペアーズを利用しましょう。

ペアーズはマッチングアプリの中で最もユーザー数が多いため、地方でも利用者がたくさんいます。

ペアーズ でカップルになって、結婚した方もたくさんいますよ。

まとめ

いかがでしたか?彼女や婚活相手を探すならマッチドットコムを利用することが近道です。

なぜなら女性会員も男性会員同様に月額料金を支払って利用しているので女性会員の出会いに対する思いは真剣です。

この機会に登録してぜひ彼女や婚活相手を探してみてくださいね!

関連記事RELATEDARTICLE

おすすめ記事RECOMMENDED