ホーム
マッチングアプリを目的・料金などで比較!あなたに合うアプリはコレ!
マッチングアプリの会話が続かない?会話に隠されたルールを知ろう
マッチングアプリ

マッチングアプリの会話が続かない?会話に隠されたルールを知ろう

マッチングアプリで1番大切なことはなんだと思いますか?マッチングすること?プロフィール写真?どれも大事なことですが、メッセージが1番大切だといえます。というのも多くの人にとってメッセージ段階でフェードアウトされてしまうことが非常に多いからです。

メッセージ=会話と同じなので、会話で見切りをつけられているということですね。マッチングはそこそこするものの、メッセージが返ってこないで悩んでいる男性は多く、もったいないなと感じます。

女性はマッチングアプリ上では非常にモテるので、メッセージを全員に返すことは困難なのは想像がつきますね。あなたもそのうちの1人であり、女性からはマッチングした男性のうちの1人でしかないということを忘れてはいけません。

ではメッセージを続けるにはどうしたらいいのでしょうか。今回はメッセージ、つまり会話のルールについて書いていきます。これを実践すれば今よりもメッセージが続くようになりますし、会話も上手くなるので必見ですよ。

 

 

マッチングアプリでの会話の役割

マッチングアプリはマッチングしたら終わりではありません。むしろマッチングをしてからが始まりといえるでしょう。多くのマッチングアプリはマッチングをしてからメッセージを送りあうことができます。

つまり2人で会話ができるのはそこからということ。お互いのことについて話したり、デートの日程なんかを決めるのに欠かせないところです。ただ、マッチングアプリを利用している人の多くが、このメッセージのところで躓いてしまっています

女性から返信がないということがほとんどなのですが、どうしてメッセージで躓いてしまうのでしょうか。それを知るべく、マッチングアプリおける会話の役割について見ていきましょう。

 

お互いどんな人かは分からない

 

マッチングアプリで知り合った人は、当然ながら最初はどんな人か分からないですよね。その分からない状態から徐々に知っていくには会話をしていくしかありません。黙っていては何も分からないですし、かといって女性の方から話題を提供してくれるわけでもありません。他の沢山の男性からメッセージが数えきれないほど来ているので、話題がなければ他の男性と話してしまうのは当たり前ですね。

ただ、こちらとしてはせっかくマッチングした女性なので何とか会話を続けたいところ。自分のことを知ってもらうためにアピールしつつも、相手の女性のことについてさりげなく聞くことができれば段々と相手のことが分かってくるはずです。

あなたという人がどんな人なのかを女性に認識してもらうことに重点を置いて会話をしていきましょう

もし可能なのであれば女性のことについても知れたらいうことなしですね。

 

会ったことのない不信感の解消

マッチングアプリを使っているとはいっても、初対面の人ってやっぱりなんだか怖いものですよね。私も出会いを求めてマッチングアプリを利用しているのに、やたらグイグイ来る人がいると裏があるんじゃないかと少し警戒してしまいます。

幸い危ない目にあったことはないのですが、誰しもこういう人間としての本能を持っているんです。

特に今までに実際に怖い目にあったことがある、トラウマが過去にあるという人は尚更です。こういうことに対する不信感はそう簡単に拭えないもの。いかに相手に大丈夫だという安心感を与えることができるのも会話ですね。

話している内容に性格っていうものは滲み出るもので不思議と分かってしまいます。たとえ声が聞こえなくて、相手の表情が読み取れないマッチングアプリ上での会話でも同じこと。会ったことのない、全く知らない人への不信感を解消するためにも会話は重要な役割を果たしてくれます

 

仲良くなるには必須の項目

 

恋人になるにはその人と仲良くなる必要がありますよね。マッチングアプリ上で知り合った人と仲良くなるには会話は必須の項目です。なんせ他に方法がないのですから、いかにあなたとの会話を楽しいと思わせることができるかが今後に繋がるポイントとなるわけです。

お互いの趣味について話したり、最近あった出来事、休みの日にどんなことをしているか等多くの話をしていくことで信頼関係も生まれ仲良くなっていきます。学生時代に仲の良かった人は、よく話している人ではありませんでしたか?その人と話していると楽しい、落ち着く等思うことは人それぞれですが、どれも会話をしているからこそ思うことなのです。

仲良くなるには会話は欠かせないのでしっかりと言葉に出して、メッセージに添えて伝えるように心がけましょう。言うのと言わないのでは大きく結果が変わってきます。本来であればデートができたものもできなかったり、その逆ももちろんあります。

将来の自分が後悔しないか、しっかりと考えながら会話していくのがベストですね。

 

 

マッチングアプリの会話を続けるルール7つ

現実にもモテる男性とそうでない男性がいますよね。マッチングアプリ上でもこれが存在するんです。現実では顔がイケメンだったり、高年収だったりとモテる要因は様々ですが、マッチングアプリ上でモテる人は会話が上手い傾向にあるのです。

 

逆に言えば、マッチングアプリ上では会話がモテ要素として現実世界よりかも重要になってきますから

現実世界では勝てる見込みがないようなイケメン相手でも、マッチングアプリ上だと勝てるチャンスがあるということ!

あなたもマッチングアプリを使うのであればモテたいですよね。では会話を続けるにはどうしたらいいのでしょうか。会話を続けるにはルールがあるのです。このルールを知っているか知らないかでは続く可能性が大きく違います

ここで読んですぐに実践するだけでメッセージの返信率は高くなるので、試してみましょう。

 

1、オープンな質問で返信をして貰う

会話の中で質問をすることってありますよね。質問をする時にあなたが心がけていることはあるでしょうか。意外と何も考えずに気になったことを質問していると追う人が多いです。しかし、それでは質問には答えてくれずフェードアウトされてしまうことも多くなるでしょう。

では、質問するときにどんなことを質問したらいいのでしょうか。

質問は大きく分けて2つのパターンに分かれます。1つは「クローズ質問」もう1つは「オープン質問」です。

イメージが湧きやすいように例を挙げながら説明しましょう。クローズ質問とは基本的に質問に対して「はい」か「いいえ」で答えられるもののことを指します。

例えば「今日、昼ごはんは食べましたか?」これは回答者が食べたのであれば「はい、食べました」食べていないのであれば「いいえ、食べていません」と答えることができます。

このクローズ質問の特徴は、そこから会話が広がらないということ。それが故に相手につまらないという印象を与えてしまうのです。

 

オープン質問とはクローズ質問とは違い「はい」か「いいえ」以外の回答ができるもののことを指します。先ほどの質問を少し変えて「今日の昼ごはんは何を食べましたか?」に変えてみましょう。回答者は何を食べたかを話してくれるはずです。仮に食べていなくても「まだ食べてないんですけど、~食べようかと思ってます」となるでしょう。

オープンな質問をした方が相手は考えて回答し会話が広がるので、返信率が高くなるのです。

 

2、相手の好きなものを下調べ

マッチングアプリの利点として挙げられるのが事前に相手のことが分かるということです。普通に初対面の人だと自己紹介をして貰うか、話の中で相手のことを知っていくしかないですよね。ただ、マッチングアプリであれば、プロフィールの欄にある程度のことは書いてあるのです。

年齢や住んでいるところ、好きな食べ物や最近ハマっている趣味まで多くのことが書いてあります。相手のことを知るにはうってつけの情報の宝庫なのです。プロフィールを見ることによってその人のことが知れるのはもちろん、話題も広げることができます。

プロフィールを自分で書いていながら、それが読まれていると考えている人は少ないです。実際にプロフィールを読んでいる人って少ないので間違いではないのですが…。

相手のことを知れたらそのことに関する話題を振るようにしましょう。誰でも自分の好きなものの話題が出たら嬉しいですよね。その心理を使ってどんどん会話をしていくのです。プロフィールに好きなバンドが書いてあるのであれば、「最近どんな曲聞くの?俺は~(相手の好きなバンド)だよ」といえばテンションは上がっていきます。そんな話題ならメッセージを優先的に返してしまいますもんね。

知らなくても、マッチングアプリのメッセージでやりとりをするという特性を利用して

ググってからメッセージを送ればいいのです。相手からは調べているかどうかなんて分かりませんから安心してください。

 

3、表情がない分リアクションを

これがマッチングアプリの難しいところです。それは表情が分からないということ。実際に会って話しているのであれば表情や声のトーンを読み取ることができます。怒っていたり、あまり触れてほしくない内容なのであれば声のトーンは下がりますし、目も合わせなくなるのですがメッセージの場合そうはいきません。

同じ言葉でも実際に対面して話している時とメッセージでは大きな差があるのです。例えば何か驚きの事実を告げられた時、相手が前にいたら「えー!そうなんだ」という言葉と驚いた表情を組み合わせて驚いていることを相手に伝えることができます。

しかし、文面になると「えー、そうなんだ」というなんだかそっけない感じになりますよね。たったこれだけなんです。このメッセージが来たら驚いているのか、興味がないのか分かりません。そのような事態を防ぐためにも、マッチングアプリではリアクションは大きく取らなければいけません

「えー!!そうなの!?」ちょっとうるさいように見えるかもしれませんが、だいぶ印象は変わったのではないでしょうか。

「!」「?」はメッセージ上で非常に重要な役割を果たします。話している女性もリアクションが返ってきた方が面白いです。自分が話しているのに相手の反応が薄かったら話す気がなくなっちゃいますもんね。

普段あまり気にしていないという方はちょっとリアクションを加えてみるだけで会話が続くようになりますよ。

 

4、基本は短文をテンポよくレスしていくのがよい

女性とメッセージをしていると、ついつい熱がこもって長文を送ってしまう人がいます。自分のことを知ってもらいたいですし、せっかくマッチングしたんですから思わず送ってしまいますよね。気持ちは凄い分かります。実は私も最初の頃は長文を送ってました。

しかし、返信が全然こないのです。よくよく考えたら当然なんですけどね。

長文を送ってしまっているあなたも1度女性の立場に立ってみてください。女性は1日に何通も男性からメッセージが来ます。

1人に返信するのに1分だとしても30人いたら30分、60人いたら1時間を使ってしまうのです。

そして返信したら男性からその返信が来てとループしてしまいます。

 

短い文であれば返すのもすぐに読んで返せるので手間はかかりませんが、長文だとどうでしょう。おそらく読む気にすらならないのではないでしょうか。そう思われた時点であなたの存在は相手の女性からはフェードアウトしてしまうことになるでしょう。

フェードアウトしないためにも短文で読みやすい分を送る必要があるのです。加えて返すテンポが速ければ自分を認識してくれる可能性が高くなり、女性が親近感を抱きやすくなるのでどちらも意識してみてください。

恋の駆け引きなんて思って返信に時間を空けてるとあっという間に忘れ去られてしまうのでご注意を。

 

5、例外的に長文が好きな女の子がいるのでその場合はこちらも長文で。長さとペースは相手に合わせよう

これは見出しの通りなのですが、全員が全員短文が好きかというとそうではないです。中には長文が好きという女性もいます。

「両方いるなら分からないじゃん」そう思いますよね。そうなんです。最初は分からないのです。

だからこそやりとりをしていく間の早い段階でどういう人なのかを見極める必要があります。見極め方は簡単で相手がどのような文を送ってくるかを観察するだけです。つまり相手に合わせるということですね。返信するペースも同じことがいえます。

例えばやりとりの文章の長さがいつも5文以上なのであれば、あなたもそのくらいのボリュームで返す必要があります。

逆に短文であれば短文で返した方が相手も読みやすいでしょう。

 

ペースに関してはなるべく早い方がいいですが、向こうからの返信が遅いのにこちらからの返信が早いと、催促されているようで気疲れしてしまう可能性があります。10分くらい空けて返ってくるのであれば、そのくらいで返信してみてください。ただ、1日空いたからといってあんまり時間を空けすぎると、そのまま返信がこないなんていうこともあり得るので、見極めが大切です。

 

6、こういう流れから、デートの誘いに繋げろ!

メッセージは続いているし、いい調子と思ってはいるもののその段階から先に進まないなんていうこと多くないですか?

その原因として「いつ会おうと誘っていいのか分からない」「なかなかデートに誘いにくい」等があります。

ただ、いつまでもその状態だと危険ですよ。

 

マッチングアプリにいる以上、大多数の人が恋人を作りにやってきています。

そんな中いつまでたってもメッセージ止まりだと、進展のない、望めない人だと認識されてしまうのです。

いつしかメッセージは途切れてしまうでしょう。

適当なタイミングでデートをして実際に会うことが重要なのです。

しかし、デートに誘うといっても難しいですよね。

確かにデートに誘うには何かきっかけがないと誘いにくいです。

ただ、きっかけというのは待っていても来ません。自分から作りにいくしかないのです。

 

ではどうやってきっかけを作るのでしょうか。

自然なのは会話の中の流れで誘うこと。「好きな食べ物はなんですか?」「普段はどういうところに飲みに行くんですか?」と質問をしたら「~が好き」「~によく行きます」というように返してくれます。

そこで「僕もそれ好きなんです。今度一緒に行きましょう」「その辺行ったことないです。気になるお店があるので行きましょう」と誘えば自然な感じですよね。

「いいですよ」ときたら、そこで満足せず日程をしっかりと決めましょう。

よく日程を区切らず「空いてる日を見てまた会連絡します」なんて言って終わらせてしまう人がいるのですが、それはタブーです。

その場で日程まで落とし込めるように意識しておいてくださいね。

食べ物に関して例を挙げましたが、趣味や好きな音楽なんかでも同じ流れを作ることができます。あなたのやりやすいやり方を見つけてマスターしましょう。

 

7、テンションは相手に合わせる

文の長さや返信のテンポに似ていますが、テンションを相手に合わせることが大切です。

絵文字を使うような相手であれば、こちらも多少混ぜた方が良いですし、全く使わないのであればこちらも使わない方が良いでしょう。

というのも、絵文字を使う人は良かれと思って使っています。

とりわけ自分の感情を上手く相手に伝えるためであったり、文の寂しさを埋めるためです。逆に使わない人はそもそも絵文字の意味が分からない、使う必要を感じない、めんどくさいという人が多いです。

絵文字を使う人は返信に絵文字がなければ、感情が分からず怒っているのかと自己解釈してしまいますし、不安な気持ちになってしまいます。

一方、使わない人の返信に絵文字を使ったら、文章がうるさいやつ、めんどくさいやつ、気持ち悪いと違和感を与えてしまいかねません。

どちらでも決して悪いことではありませんが、テンションが同じ人の方が仲良くなりやすいですし、話していて気が楽ですよね。

メッセージを続けたいのであればテンションは合わせるよう心がけましょう。

 

なぜルールがあるの?メッセージと対面では何が違うか考える

メッセージでも対面でも会話をしていることには変わりありません。しかし、違うことは多くありますよね、そのことを理解していなければマッチングアプリで会話をしていくことは難しいです。

対面での会話とメッセージでの会話の違いをしっかりと考えて攻略していくことがメッセージを続けるコツです。ここではなにが違うかを考えていきます。

 

無意識に相手の表情から読みとれる

まず、大きな違いは表情にあります。

人は話すときに相手の顔を見ますよね。それは表情を読み取るためです。表情によって言葉とは違う感情を汲み取ったり、自分の話にどういう反応をしているかを読み取ります。

メッセージではそれができないということを頭に入れておきましょう。そのため、返すときの言葉やテンションを絵文字や記号を使って表すことが大切です。相手に自分がどう思っているかというのを考えながらやりとりえをしていくとスムーズに上手くいきます。

モテる人はみんなこれができているので、マッチングアプリを使いこなしている友人がいたら会話の内容を見せてもらうのもいいですね。

 

ジェスチャーから推測すること

メッセージと対面の大きな違いでジェスチャーができるかどうかがあります。普段何気なくしているジェスチャーですが、会話において非常に重要な役割を果たしているんです。

スティーブ・ジョブズを筆頭に有名なプレゼンテーターがみんなジェスチャーを使うように、ジェスチャーには会話の想像を膨らませる役割があるんです。

自分の言葉をどうにかして相手に伝えたい、できるだけ分かりやすいように伝えたいそう思うからこそジェスチャーとして現れるのです。

その違いはあまり意識しませんが大きいので、違いとして認識しておくことが大切になってきます。

 

会話が沢山できるマッチングアプリ

会話ができるマッチングアプリの方がお互いをよく知ることができます。お互いを知った上で会った方がその先に進展しやすいですし、無駄な時間を減らすこともできますね。マッチングアプリは沢山ありますが、その中でもしっかりと会話ができ恋人を探せるものを3つご紹介します。

信頼性はもちろん、登録している人たちも良い人が多いのでやりとりがしやすいですし、それだけで楽しいのでおすすめです。

 

もっとも効率よく出会いをみつけるならPairs(ペアーズ)

Pairs(ペアーズ)は、マッチングアプリの中でも会員数が300万人以上で国内No.1です。

1ヵ月の利用で3980円の月額費が必要ですが、登録してから無料で女性のプロフィールを30人までみることができます。

しかし、メッセージのやり取りができないため、月額固定の料金を払うのが必須です。

NASDAQ上場企業「株式会社エウレカ」が運営しているので、信頼度の高いマッチングアプリと言えます。

 

真剣な出会いを見つけるならomiai(オミアイ)

omiai(オミアイ)は、Facebook連動アプリのため実名登録を行っているマッチングアプリ

実名登録とはいえ、実際に公開されたりFacebookのタイムラインに表示されたりはしないので、周りの友人にもバレずに安心して利用できます。

他のマッチングアプリでは、女性は利用料無料ですが、omiaiでは女性も有料会員登録が必須。

つまり、真剣な出会いを求める女性が多いので、業者やサクラがいません。

真剣に婚活をしている男性を探しているので、条件さえ合えば出会いやすいのが特徴。

1ヵ月無料で使えるwith(ウィズ)

with(ウィズ)はメンタリストDaiGoが監修し、心理学と統計学を掛け合わせて導き出すことで理想の相手をみつけやすい優良マッチングアプリです。

アプリ内で行われる診断は、遺伝子検査やそのほかの技術でも利用されるほど信頼できるため、受けるだけでも価値があります

ウィズはクレジットカード払いだと3400円の月額費がかかってしまいますが、今ならアプリに登録してから1ヶ月間は完全無料で利用できます。

Facebookとの連携必須の本人確認となるため、安全性と信頼性が高いのも嬉しいポイント。

心理学や性格診断で理想に近い相手が候補に出るだけでなく、お互いの共通点を見つけてくれるので、マッチング後に「相手と気が合わなかった」なんて心配もありません。

さらに「〇〇が好き」「好きな食べ物のジャンル」など、コミュニティ制度も取り入れているため、マッチングする前に相手の趣味を把握することも可能。

マッチングアプリの運用が初めてでも、ウィズ会員ならば限定の恋愛経験の少ない方を応援する具体的なアプローチ方法などのコラムを読めます。

マッチング初心者・恋愛初心者にも、安心して運用できますよ。

まとめ

人との会話って難しいですよね。相手が何を考えているかは分かっているようで分からないのが会話というもの。上手く続かないと何がいけなかったのか考えますが、なかなか分からないです。どうしたら続けられるのか多くの人が悩んでいるでしょう。

ただルールさえ知っていればなんの問題もありません

全部の会話が確実に続くとは限りませんが、今までよりは長く続くことは間違いないです。

どれも簡単にできるルールですぐに修正することができるのは嬉しいですね。今まで会話で詰まってしまったり、続かなくて悩んでいた人は実践してみましょう。

上手く続けば恋人ができる確率もデートができる確率も大きく上がります。最初は違和感があるかもしれませんが試してみる価値はありますよ。

関連記事RELATEDARTICLE

おすすめ記事RECOMMENDED