ホーム
マッチングアプリを目的・料金などで比較!あなたに合うアプリはコレ!
【必見】マッチングアプリでLINEを交換するベストタイミングは!?
マッチングアプリ

【必見】マッチングアプリでLINEを交換するベストタイミングは!?

「マッチングアプリで知り合った女の子とLINEを交換したい」

今や出会いのスタンダードツールとも言えるマッチングアプリ。

基本的にはアプリ上でメッセージを交わすシステムですが、最終的には個人的な連絡先としてLINE交換をしたいですよね。

しかしこのLINE交換、提案のタイミングを間違えると一発で返事が来なくなります。

せっかくマッチングする事が出来たのに、そんなチャンスをみすみす見逃すのは勿体無いですよね・・・。

果たしてマッチングアプリでLINEを交換するベストタイミングはいつなのか?

どうしたら女の子とLINEを交換できるのか?

今回はマッチングアプリで新しい出会いを探している男子必見!

「LINE交換を焦ってはいけない3つの理由」
「確実にLINE交換を交換する方法」
「LINE交換後に注意すべき3点」をご紹介します。

この記事を参考にしてあなたもスマートにLINE交換を行いましょう!

 

そもそもマッチングまでの流れで上手くいかない!という方にはマッチングアプリ 「with」がオススメです。

 心理学をもとにした相性診断で、ぴったりの相手とのマッチングが期待できます。

まだ使った事がない方は試しに利用してみてください。どのアプリよりもマッチ率は高いはず!

LINEを交換することで得られるメリットとは?

マッチングアプリからLINEへと連絡先を交換することによって、どんなメリットがあるのでしょうか?

まずはLINE交換することで得られるメリットについて見ていきましょう。

プライベート感が出て親密になれる

家族や友人との連絡手段に使っているLINEを使うことで、相手とあなたの距離は確実に近づきます。

マッチングアプリは「新しい相手と出会うツール」ですので、そこにかしこまった雰囲気があることは否めません。

しかし、普段から日常的に利用しているLINEを介すことで、変な緊張感もなくプライベートな会話が楽しめるでしょう。

いい意味で緊張感のない日常的な会話を楽しみましょう。

使い慣れているのでお互いにやりとりがしやすい

使い慣れていてストレスゼロで利用ができるという点もLINEのメリットと言えます。

いちいちマッチングアプリの通知を確認して、アプリにアクセスをして・・・というのを手間に思う人も少なくありません。

その点、LINEなら友人との連絡感覚でメッセージの受信・送信が出来ます。

あなたも相手の女性も、LINE操作に関してはおそらくお手の物。何の苦もなくメッセージのやり取りを交わせることでしょう。

スタンプや絵文字機能を使ったり、ギフト機能を使ったり、LINEならではの機能が会話を盛り上げてくれることもあります。

不慣れなマッチングアプリでやり取りをするよりも、お互いに使い慣れたLINEを使うことでスムーズな連絡が取り合えます。

音声通話が可能になる

LINE交換による最大のメリットは音声通話ができるようになることです。

テキストでのやりとりを100回するよりも電話を10分した方が2人の仲は進展します。

しかし携帯の電話番号を教えるというのはかなりハードルが高いですよね。その問題を解決してくれるのがLINEです。

LINE交換をしてしまえば電話番号を交換する必要も無く、ワンタップで通話をすることが可能です。

音声通話もテレビ電話も可能、今はテレビ電話を利用して2人でゲームを楽しむことまで出来ちゃいます。

LINEはメッセージのやりとりだけでなく、音声通話のハードルまで低くしてくれる最強のツールです。

マッチングアプリでのLINE交換を焦ってはいけない3つの理由

マッチングアプリの基本システムはどのアプリでもほとんど同じです。

相手に「いいね」で好意を示し、それに対して相手側からも「いいね」が返ってきたらマッチング成立。2人だけのメッセージのやりとりが可能になります。

いずれ2人の仲が進展してマッチングアプリを通さずに連絡が取りたいと思った時、LINE交換をする必要が出てきます。

この「LINE交換」を提案するタイミングですが、これがなかなか難しいところ。

マッチングしたからと言って早々に「LINEでお話ししませんか?」と打診し、返事が返ってこなくなってしまった・・・なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

そこでまずはLINE交換を焦ってはいけない理由を3つご紹介します。

こちらを理解した上でマッチングアプリを活用していきましょう。

女性に警戒心を持たれてしまう

LINE交換を焦ると相手に警戒心を持たれてしまいます。

と言うのも、もはやLINEは現代人の連絡ツールとして日常レベルにまで浸透しています。

アプリでマッチングしただけでどんな人間なのかもよく分かっていない相手に「プライベートの連絡先を教えてくれ」と急に言われたら、女性が警戒するのも当然と言えるでしょう。

実際に対面で出会っている場合ならばLINE交換はそこまでハードルは高くないですが、あくまでもネット上で知り合った状態。

ある程度の信頼感がそこに無ければ、LINE交換の打診は避けるようにした方が良いでしょう。

一度警戒されてしまったら、それを解くのはかなり至難の技です。ほとんどの場合は返事が返ってこなくなっておしまいでしょう。

せっかくマッチしたのにチャンスをみすみす逃すことになってしまうので、はやる気持ちをグッと抑えてここは慎重にいきましょう。

相手とのやりとりによって違いますが、最低でも10回以上はメッセージの往復が必要でしょう。
まずは信頼を築くことを意識しましょう。

今までのやりとりがリセットされてしまう

マッチングアプリ上で何通かやりとりを交わした上で、無事にLINE交換が出来たとしましょう。

ここで注意すべきなのが「今までのやりとりがリセットされてしまう」ということです。

今まで交わしていたメッセージは当然マッチングアプリのトークルームに置き去りで、LINE上ではまた一から会話を交わしていくことになります。

「話す場所が変わっただけじゃないか」と思われる方も多いかもしれませんが、この「会話の場所移動」が意外にも大きな障害になることが非常に多い・・・。

人間には「積み重ねてきたものが多ければ多いほど(大きければ大きいほど)その流れを途切れさせたくない」と思う習性があります。

これはメッセージシステムでも同じことが言えるので、トーク履歴が長くなれば長くなるほど「この人とはこんなにやりとりをして来たんだし、続けなきゃ」という心理が働きます。

しかし、LINEへと連絡先を移行することでこれまでのトーク履歴は無くなってしまい、見た目としてはまた一からメッセージを交わさなければなりません。

実際には「マッチングアプリでやりとりをしていた事実」は消えませんが、視覚的にそれが見えるのと見えないのとには大きな差が出ます。

僕も実際にLINEへと切り替えた瞬間に相手の食いつきが弱くなり、既読スルーをされてしまった経験が何度もありました。

こういったケースも考えられるので、焦ってLINEへと連絡場所を移すのはあまり得策ではないと言えるでしょう。

相手のプロフィール確認が面倒になる

マッチングアプリでメッセージを交わしていると「そういえばこの人は何歳だっけ?」「出身はどこだっけ?」といった際に直ぐに相手のプロフィールを確認することが出来ますよね。

これによって書いてある内容を重ねて質問しないで済んだり、相手の趣味を把握して話を振ったりする事が可能です。

しかし、LINEに移行してしまうとプロフィールを確認するためにわざわざマッチングアプリを立ち上げなければいけません。つまり二度手間です。

「LINEの方が使い慣れてて楽だから」なんて理由で交換したものの、結局また今までと同じようにマッチングアプリを開いているこの状況。あまり効率が良いとは言えません。

これが自分だけならまだ良いのですが、相手にも同じ手間を強いることになるのでお互いに手間になってしまう可能性も考えられます。

言うまでもありませんが、プロフィールに書いてあることを質問してしまうのは印象が良くありません。

そんな凡ミスを回避するためにも、早々にLINE交換をするのはあまり得策ではないでしょう。

【必見】マッチングアプリで確実にLINEを交換する方法!

それでは実際にどのタイミングでLINE交換を提案するのが良いのでしょうか?

結論から申し上げると、確実にLINE交換が成功するベストタイミングは「デートの前日」です。

LINE交換の理由が明確であれば断られる心配なし

LINE交換をするのはデートの約束が決まった後、特にデートの前日がベストです。

そもそもマッチングアプリでやりとりを重ねて実際に出会う約束に至った時点で、あなたと相手の間には信頼関係・好意が生まれているはずです。

相手のあなたに対する警戒心はほとんど無いと言える状態ですので、そうなればLINE交換はスムーズにできるでしょう。

「明日のデート楽しみですね!待ち合わせの時にスムーズに連絡したいので、良かったらLINE交換しませんか?」

こう切り出してしまえば、女性側にとって「いや、それはちょっと」と断る理由なんてありませんよね。

LINE交換を慌てる人は「とにかく早くLINEを交換しなきゃ」「その方が仲良くなれるし」と謎のロジックを用いて進展を焦ります。

信頼を得ていない上に、別の連絡先を交換する必要性が無い状態で急にLINE交換を提案しても、失敗するのは当然でしょう。

デートをターニングポイントにして連絡場所を切り替える

前述したように、連絡場所が変わると今までのやりとりがリセットされてしまいます。

しかし、今後の進展を考えればいつかは必ずLINE交換をする必要があるというのも事実ですよね。

そこで「今までのやりとりがリセットされても問題ないタイミング」というのが、このデート前後のタイミングなのです。

「マッチングアプリ→親しくなってデートをするまでの雑談=会う前のやりとり場所」
「LINE→実際にデートをしてからの雑談=会ってからのやりとり場所」

このようにデート前とデート後で連絡場所を変えることで、ナチュラルに話題が生まれます。

話が途中で切れてしまう心配もありません。

マッチングアプリからLINEへ移行したら・・・

LINE交換が出来たからといってまだまだ油断は禁物です。

交換後のメッセージで注意すべき点についても見ていきましょう。

同じ内容を何度も聞かないように注意

マッチングアプリと同様に色々な雑談をすると思いますが、この際に同じ質問を何度もしないように注意して下さい。

相手に質問をする前にマッチングアプリ上で自己紹介を確認したり、これまでのメッセージを見返したりして、相手のことをしっかり把握した上で質問しましょう。

マッチングアプリでのやり取り、デートでのやり取り、そしてLINEでのやり取り。会話の場所が変わることでどうしても同じ質問をしてしまうことが多いですが「また同じ質問だ、この人は私に興味がないのかな?」とマイナスイメージにつながってしまいます。

相手の発言をしっかりと覚えておくことも、出会いをうまく進めて行くための必須能力と言えるでしょう。

相手に合わせてスタンプをや絵文字を活用!フランクな雰囲気作りを

せっかくLINEを使うんだからスタンプや絵文字機能も使ってみましょう!

雰囲気作りは2人の仲を親密にするためには必要不可欠です、相手の様子を見ながらスタンプや絵文字を有効活用しましょう。

相手が文字と顔文字の場合はそれに合わせた方が良いですし、一方でこちらがスタンプを送っても乗って来ないようであれば無理に多用するのもよくありません。

「絵文字を使う」「顔文字を使う」「スタンプを使う」「テキストのみ」

メッセージのやり方一つをとってもそれぞれのスタイルがあると思いますが、当たり障りがないのは相手のスタイルに合わせる方法です。

女性が絵文字を使う人ならこちらも同じような絵文字を、スタンプを使う人ならスタンプを・・・。

これもネット上で相手の好感度を高める手法の一つになります。

相手に合わせたメッセージのスタイルで、楽しい雰囲気を作っていきましょう。

LINEの返信は基本的に即レス

相手からの連絡が来たら直ぐに既読をつけて返信しましょう。

「既読までには時間を空ける」とか「相手の返信スピードに合わせてこちらも返事を遅くする」とか、そういう小手先の技は必要ありません。

僕の経験上、わざわざ返信を遅らせることで得られるメリットはほとんどありません。むしろデメリットが多すぎます。

相手からしたら「相手の返信が遅いからこっちも遅くていいや」とか「既読がつかないから忙しいのかな」「私に興味ないのかな」など、マイナスの要素になる可能性の方が高いです。

変な勘ぐりや駆け引きは必要ありませんので、連絡が来たらさっさと連絡を返して相手からの返事を待ちましょう。

一度通話をしておくことで当日のデート成功率を上げろ!

デートで対面する前に、少しでも通話をしておくことをオススメします。

いくらメッセージで打ち解けていても初対面の瞬間はお互いに緊張するもの。

メッセージでは盛り上がっていたのに、いざ出会ってからはなかなか会話が軌道に乗らずに気まずい・・・というケースもかなり多いです。

そこで事前の通話がオススメ!

100通のメッセージよりも10分の通話の方が効果的です。

声からは様々な情報が得られますよね?
相手がどんな声なのか、その口調や笑い声、感情やテンションまで感じる事が出来ます。

デート当日はテキストのやりとりなんてしません、全てが会話でのやりとりになります。それなら予行練習も兼ねて音声通話をしておいた方が良いに決まっています。

「初対面で緊張しないように、5分だけでも良いので通話しませんか?」と提案してみて下さい。

「会話をした」という事実が女性側の緊張を和らげることにも繋がりますので、デート前に少しでも通話ができると良いでしょう。

LINE交換に惑わされるな!あくまでもマッチングアプリの目的はデート!

ここまで「LINEを交換する方法」「LINEの連絡で気をつける点」についてご紹介しました。

しかし、忘れてはいけないのは「LINE交換がゴールではない」ということです。

これを心得ていないが故にチャンスを逃している人がかなり多いので、改めてマッチングアプリの本質を理解しておきましょう。

中には直ぐにLINEを交換してくれる女性もいるかもしれませんが、仲良くなれるか?デートができるか?とは何の関係もないということを理解しましょう。

あなたがマッチングアプリを始めた理由は「女の子とLINE交換するため」すか?

「新しい出会いをしたい(リアルで出会いたい)」からですよね?

デートができるかどうかとLINE交換できるかどうかはあまり関係がありません。大切なのは女性との信頼関係を築けるかどうかなのです。

僕は実際にマッチングアプリでたくさんの女性とデートをしていますが、中にはLINEを交換せずに出会った相手もいます。

マッチングアプリでしっかりとコミュニケーションが取れていれば、そもそもLINE交換なんて対面した後でも問題ありません。

「LINE交換さえできれば・・・」「LINE交換が成功の鍵だ!」

そんな妄想は一旦忘れて、まずは女の子からの信頼を得ることを第一に考えましょう。

あくまでもLINEはコミュニケーションツールの一つに過ぎません。

そこに囚われてしまうと本末転倒、思うように出会えない可能性が高くなってしまいます。

本来の目的を見失わないように意識をしながら理想の女性との仲を進展させていきましょう。

LINE交換がしやすいマッチングアプリを使おう

何はともあれ、まずはマッチングアプリでマッチングを果たしてからのお話です。

「マッチングアプリを初めてみたのは良いけど、全然マッチしない・・・」

それぞれのサービス仕様に慣れるまで苦戦する日々が続く可能性も大いにあります。

初心者でも比較的マッチング率が高く、実際に女の子と遊べるアプリをご紹介するのでぜひ参考にしてみて下さい。

圧倒的なマッチング率を誇る初心者向けマッチングアプリ 「with」

withはメンタリストDaiGo完全監修のマッチングアプリです。

心理学や統計学を用いたイベントが活発に行われているのが特徴です。

出題される心理テストに答えることによって、相性の良い相手を毎日5人ずつ紹介してもらえます。
しかもその相手に対しては「いいね」が無料で送れるという特典付き!

女性側からの返事も丁寧なものが多く、ストレスフリーで活動できるアプリとなっています。

僕はこのアプリを使って1ヶ月で女の子16人と連絡先を交換できました。

他のマッチングアプリに比べてマッチング率や返信メッセージの丁寧さなど、どこをとってもかなり満足度が高いです。

にかく出会いたいならwithを使えば間違いなし!!

若くて美人な女性が多いと評判の「omiai」

omiaiはフェイスブックの公式サービスとして若いユーザーを数多く獲得しているマッチングアプリです。

他のマッチングアプリに比べて10代のユーザーが多く、男女ともに美男美女が多いという口コミが多数あります。私が実際に利用した印象としても実際に美人な女の子が多く、写真を見ているだけでやる気が湧いて来ます(笑)

真面目な婚活用の写真というよりも、友達と遊んだ時の写真や旅行に出掛けた時の写真など、私生活の様子が伺えるような写真も多く、相手の人となりがなんとなく想像できる点はメリットと言えます。

若い女の子と知り合いたいという方には間違いなくオススメのマッチングアプリです!

LINE交換は慎重に!ゴールをしっかり見据えて行動しよう

LINE交換のベストタイミングについてはご理解頂けたでしょうか?

マッチングアプリの理想の流れはこんな感じです。

  1. マッチングアプリ登録
  2. プロフィールを徹底的に充実させる
  3. 女性とマッチングする
  4. メッセージのやりとりで交流を深める
  5. デートの約束を取り付ける
  6. デート前日にLINE交換をする
  7. デートを楽しむ
  8. LINEで連絡を取ってさらに交流を深める

この流れからも分かる通り、LINE交換を打診するフェーズはかなり後ろの方になります。

これを焦ってマッチング直後にLINE交換をしようとするからみんな失敗しちゃうんです。

LINE交換をする前に親交を深めるべし!!

LINEはあくまでも女の子のコミュニケーションツールであり、そこでやりとりをする事が目的ではありません。

まずはいかに楽しく会話を盛り上げられるか、相手に「この人に会いたいな」と思わせられるか、それだけに集中してマッチングアプリを利用してみましょう。

最優先すべきは「相手を楽しませて、信頼関係を作る事」です。
これを踏まえた上で、あなたも理想の相手と出会えるように頑張って下さい。

素敵な出会いを応援しています!

関連記事RELATEDARTICLE

おすすめ記事RECOMMENDED