ホーム
社会人が新たな出会いを見つけるには?効率よく出会いをみつける方法
出会いがない大学生必見!大学生が出会う一番の方法を大公開!
マッチングアプリ

出会いがない大学生必見!大学生が出会う一番の方法を大公開!

「出会いがなくて寂しい」と感じる大学生はたくさんいます。

サークルやアルバイトなど大学生には恋愛をするチャンスが多いかのように思われますが、

身近な環境で恋愛する人が多いため、実は恋愛トラブルになったときのことを考えると、大学生の恋愛は意外にも難しいのです。

 

「サークルでもバイト先でも、始めたてのころは新しい出会いもあったけど

もう顔なじみのメンバーと会うだけ。出会いも付きちゃったよ」

なんてことになりがちです。

 

とはいっても、出会いが欲しいという思いは変わりませんよね。

そこで今回は、出会いがなくて悩んでる大学生に向けて、大学生が出会う方法のまとめ・比較をしました。

結論を言うと、大学生が電話のに1番リスクのない方法は、実はマッチングアプリなのです。

大学生が出会うシチュエーションの例

サークル

これを読んでるあなたの身の回りの恋人持ち友達の多くは、サークル内恋愛が多いはずです。

サークルは同じ趣味嗜好を持った若い男女がほぼ毎日顔を会わせる為、必然的に恋愛に発展しやすいです。

確かに大学生の恋愛ではサークル内の出会いが1番オススメですが、同時に恋愛トラブルによるリスクが1番高いのが特徴です。

アルバイト

サークルの次に多いのが、アルバイトでの出会いによる恋愛です。

アルバイトもサークルと同じく、同年代の男女が集まり、過ごす時間が長いため恋愛関係に発展することがよくあります。

アルバイトは大学生活を支えるために絶対必要な「お金」という面で、大学生にとっては切っても切り離せない環境です。

なのでアルバイト内恋愛はサークル内恋愛と同様、確かに恋人が作りやすい環境ではありますが、

気まずい関係になってしまうと毎日肩身の狭い思いで仕事をしなければならない羽目になる恐れがあります。

授業やゼミ

サークルやアルバイトほどでは無いですが、授業やゼミが一緒で仲良くなって、恋人関係に発展するパターンも多くあります。

大学は、高校のクラスと違って、毎回受けるメンバーがバラバラなので、そもそも仲良くなりにくいことが多いですが、

大学によっては毎回固定メンバーで頻度が多い授業やクラスが多いところもあり、そういった環境では恋愛関係に発展しやすいです。

しかし、大半の大学は授業ごとにメンバーがバラバラだったり、授業と同じメンバーの交流を深めるようなイベントは少ないため、

恋人関係どころか、友達関係になることすら難しいことが多いです。

ありえるとしたらゼミのほうが可能性は高いですね。

とはいえ、ゼミに入って新しく知りあえる女の子は5人程度から、多くて20人程度でしょう。

その中に好みかつ相手も自分を好いてくれる子がいなければ終わりというのは、

単純に確率的に厳しいものがあります。

ナンパ

サークルやアルバイトや授業など、大学生が出会う方法はいろいろありますが、数が限られます。

せいぜい10-30人くらいしか出会うことができません。

しかしナンパであれば、すれ違う女性の数だけ対象となるので、ある意味上限がありません。

よく大学生にありがちなのが、身近な環境でいいと思える人がいないというのが挙げられますが、

ナンパそもそも母体数が異なるため、いい人に出会えないということはまずありえないというのがナンパの大きなメリットです。

 

もちろん、いきなり知らない女の子に声をかけるのはけっこう大変ですし

「ウザいんだけど」

「消えて」

というような暴言をはかれることも覚悟しておいたほうがいいです。

 

度胸がある人であれば、ナンパはおすすめです。

マッチングアプリ

ナンパは出会える母体数が違うのといいと思える人にたくさん出会うことができるというメリットがありますが、

そう簡単にナンパできたら苦労しませんよね。

ナンパはメリットも大きいですが、同時に見ず知らずの女性に声をかけるというハードル高いことをしなければならないデメリットがあります。

 

しかし、マッチングアプリであればアプリをいじるだけなのでそこまで度胸は必要ありません。

マッチングアプリのいいところは

サークルやアルバイトのような恋愛トラブルや良い人がいない問題が存在しないことと、

ナンパのような度胸を必要しないこと。

このように、サークル・アルバイト・ナンパのデメリットが無いというのが大きな特徴です。

そのため、出会いがなくて悩んでいる大学生に1番おすすめなのがマッチングアプリです。

低リスクかつ確実に出会うことができるので、最もおすすめな方法です。

大学生が出会う場としてマッチングアプリが一番オススメ!

理由①:出会いたい人しか集まらないので成功率が高い

サークルやアルバイトでも出会うことはできるのですが、サークルの異性の全員が出会いたいと思ってるわけではありませんよね。

恋人がいる人もいれば、恋人はいないが出会いを求めてない人もいます。

しかし、マッチングアプリで出会える人は、全員出会いたい人です。

出会いに対して積極的な人が多いので、サークルやアルバイトで出会った人よりかは、恋人になる確率が高いです。

このように、マッチングアプリでは出会いに対するモチベーションが高い人が集まりやすいことが大きな魅力です。

理由②:男女間のトラブルに巻き込まれない

大学生の恋愛でよくあるのが、男女間のトラブルによる気まずい関係です。

サークル内恋愛は異性との距離が近いので恋人関係になりやすい一方、距離が近いがゆえにトラブルになってしまうとその弊害を受けやすいデメリットがあります。

「サークル内では絶対に恋人を作らない」と言ってる人すらたまにいますが、このような理由からでしょう。。

しかし、マッチングアプリで出会う人はサークルとは違って、ある意味、赤の他人です。

元々自分の身近な環境にいなかった人間同士なので、

万が一、恋愛関係のトラブルが起きて気まずい関係になったとしても、自分の身近な環境で悪影響を及ぼすことはありません。

身近な環境で気まずい関係になってしまうと大学生活を揺るがしかねない事態になってしまいます。

マッチングアプリはその点の心配がないため、心おきなく相手にアプローチすることができます。

理由③:実際に出会えたり付き合えた実績がかなり豊富

マッチングアプリを使って恋人ができたという声を身近でよく聞きませんか?

おそらく大半の人が聞いた事はあるはずです。

マッチングアプリで1番有名なペアーズの公式サイトを見てみると、15万人以上の人「出会えた」という声を挙げるほど、今やマッチングアプリで出会えた実績というのが豊富です。

一昔前まではマッチングアプリは出会い系を連想させるイメージでしたが、

今ではマッチングアプリで出会うことは当たり前になってくるようになりました。

それだけ人々に受け入れられてきたことを考えると、マッチングアプリで出会える実績の信頼性にうなづくことができますね。

理由④:いつでもどこでも出会いを探せる

サークルやアルバイトの出会いはそこに足を運ばなければいけませんし、ナンパもナンパスポットに足を運ばなければなりません。

しかし、授業やレポートに追われてる大学生はそこまで暇もありません。

出会うならば、なるべく手軽に出会いたいのが本音です。

そこで便利なのがマッチングアプリです。

マッチングアプリは名前の通り、アプリなので場所を選ばず異性と出会うことができます。

大学終わりの電車の中でも、つまらない授業中でも、友達と遊んでいてちょっとした暇の時でも、いつでもどこでも異性との出会いを探すことができます。

このように気が向いたときにいつでもどこでも、異性との出会いを探せるのがマッチングアプリの大きな魅力です。

マッチングアプリと大学生が出会える方法の比較

マッチングアプリVSサークル

大学生が1番出会いやすい場所は確かにサークルですが、リスクという観点も含めて総合的に判断すると、マッチングアプリの方が有効です。

また、出会いやすさに関しても見方を変えるとサークルよりもマッチングアプリの方が有利です。

確かにサークルは身近な環境で異性と関われるので出会いやすいのは間違いないのですが、

出会える数の多さという観点で見ると、どう考えてもサークルにいる異性の数より、マッチングアプリに登録している異性の数の方が多いですよね。

このように考えると、サークルよりもマッチングアプリのほうがはるかに出会いやすいことがわかります。

また上記の述べた通り、サークル内恋愛と比べてマッチングアプリは、

恋愛トラブルによる気まずい影響を受けにくいので、マッチングアプリは、はるかに安全な出会いができます。

このように、出会いやすさ・恋愛トラブルによるリスクの低さを考えると、サークル内恋愛よりもマッチングアプリの方が有利です。

マッチングアプリVSアルバイト

アルバイトの場合もサークル内恋愛と同様、出会いやすさや気まずい関係のリスクを考えると、マッチングアプリの方が有利です。

確かにアルバイトは顔を合わせる機会が多いので、自然と距離が縮まり恋人関係になりやすい環境です。

しかし、物理的な距離が近すぎるがゆえに、1度気まずい関係になってしまうと、その弊害をもろに受けることになります。

しかもアルバイトは大学生活のお金を支える重要な環境なので、ある意味サークル以上に辞めづらいです。

そんな辞めづらい環境で、一緒に働いてる人にアプローチを仕掛けて気まずい関係になってしまったら最悪です。

しかし、マッチングアプリであれば自分の身近な環境で出会うわけでは無いので万が一、気まずい関係なったとしてもその人と二度と会わなければその弊害を受けることはありません。

このような理由から、リスクの多いアルバイト内恋愛よりも、リスクが少なくて出会いやすいマッチングアプリの恋愛の方が断然有利です。

マッチングアプリVS授業・ゼミ

授業やゼミはメンバーが大人数であれば、万が一気まずい関係になっても、自分へ弊害はそこまで大きくありません。

しかし、当たり前ですが、授業やゼミにいる人は出会いに来てるわけではなく、勉強しにきてます。

つまり、授業やゼミという環境では出会いに積極的な人が少ないので出会いの場には全く適しません。

出会いの場に適してないので、いくらアプローチをかけても成功しづらいです。

その点、マッチングアプリであれば出会いに対して積極的な人が多いため授業やゼミと比べて、出会いに対するモチベーションが高い人が集まってきます。

このように出会いやさ・出会いに対するモチベーションという観点で考えると、授業やゼミよりもマッチングアプリで出会ったほうが効果的です。

マッチングアプリVSナンパ

人によってはナンパの方が出会いやすいと言う人もいますが、大半の大学生にとってはナンパはかなりハードルが高いですよね。

すれ違った女性に声をかける積極性、コミュ力、度胸。

ナンパには様々なスキルが要求されます。

このように考えると、ナンパは確かに出会いやすいですが難易度がかなり高めですので、あまり現実的ではありません。

その点、マッチングアプリはナンパほどハードルが高くありません。

なぜならナンパとは違って、相手もある程度自分に対して興味のある人とマッチングできるからです。

相手も自分に対してある程度の興味があると分かれば、出会いに対するハードルは一気に下がりますよね。

また、ナンパとは違って、見ず知らずの女性に声をかける必要もなく、自分に対する興味を引くトーク力もそこまで求められません。

このように、出会いの気軽さという観点で見ると、ナンパよりも明らかにマッチングアプリの方が優位だといえます。

出会いのない大学生にオススメなマッチングアプリ3選

ペアーズ

(引用元:ペアーズ公式サイト

どんなマッチングアプリにすればいいかわからないという方は、まずはマッチングアプリで1番有名なペアーズから始めてみましょう。

ペアーズの特徴は何と言っても会員登録数の多さです。

会員登録数が多いということは、それだけ他のアプリと比べても出会いのチャンスが広がっているいます。

数多くあるマッチングアプリの中で1番出会いやすく、また出会えた実績が多いのはペアーズです。

なので、どのマッチングアプリにすればいいかわからないという方はペアーズがイチオシです!

タップル

(引用:公式サイト

タップルの特徴は、共通の趣味を持った異性と出会えることです。

共通の趣味があれば話題に困ることもない上に、必然的に相性が良い人同士で出会えるので、恋人関係に発展しやすいです。

音楽好きであればライブデートして盛り上がったり、スポーツ好きであれば一緒にスポーツしたりと趣味を通して異性との仲を深めることができます。

また、タップルは会員登録数も伸びているので、出会えたという実績も豊富です。

好きなことがある人、趣味を通して出会いたい人はタップルがオススメです。

まとめ:マッチングアプリは出会いを求めてる大学生にとって最高のアプリ!

サークル・アルバイト・授業・ナンパ。

大学生が出会うにはいろんな方法があります。

しかしどの方法を選ぶにしろ、より確実でより安全性の高い方法で出会いたいですよね。

そのより確実でより安全な方法で出会うのに 1番オススメがマッチングアプリです。

サークルやアルバイトは気まずい関係になりやすく、授業はそもそも出会いに積極的な人が少ない、ナンパはハードルが高いです。

しかしマッチングアプリであれば、身近な環境でないので気まずい思いはしにくい、出会いに積極的な人しかいない、アプリなのでいつでもどこでも出会える。

大学生で出会うそれぞれの方法のデメリットが全くないのが、マッチングアプリの大きな強みです。

なので、出会いがなくて悩んでいる大学生はマッチングアプリで出会いを探してみることをお勧めします。

登録自体はほんの1分で済みます。

この1分の手間で、いろんな女性と楽しい思い出が作れる大学生活を手に入れましょう。

関連記事RELATEDARTICLE

おすすめ記事RECOMMENDED