TOPTREND  > 【JR】愛犬と電車の乗り方 まとめ

犬 電車 ペット JR ペットカートの利用


年々、愛犬を迎えられる方が増えてきた昨今。
それに比例し、犬を家族の一員として一緒におでかけや旅行に出かけられている方も増加しています。

そんな中、2013年4月。ある鉄道に貼りだされた1枚のポスター。
そのポスターの内容が、愛犬オーナー様の間で話題となりました。
それは、犬同伴での電車乗車時のペットカートやスリング等のバッグ類の持ち込み規制について。
何が良くて何がダメなのか…愛犬オーナー様の間で様々な噂や憶測が飛びかいました。

そこでSWEETAでは、まさにこの疑問点である「何が良くて何がダメなのか」といったところを独自に調査しました。
全国の主要鉄道会社各社へSWEETA編集部が直接お電話にて問い合わせをし、それぞれ回答をいただきました。

どうしてこのような動きが始まったのか―。
そこをまず、愛犬オーナー様として皆さまに考えていいただくきっかけになればと思います。
これから愛犬と一緒にお出かけされる皆さま、ぜひ参考にしてください。



犬 電車 ペット JR ペットカートの利用


JR北海道(北海道旅客鉄道) 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について

【犬同伴時の乗車方法】
・全部隠れるケースに入れること。
 ケースは全部隠れる状態で制限内の大きさあれば、かばんでも持ち込み可能。
 ※駅の改札口で荷物をお見せのうえ、普通手回り品きっぷをお求めください。
・カートはそのままの状態での持ち込みは不可。
 ※骨組みとバッグを分解し、バッグ部分が制限内の大きさであれば持ち込み可能。

【制限・料金】
★一辺最大長さ:70cm
★縦横高さ合計:90cm
★重量制限:10kg
★乗車料金:280円


【問合せ先】
JR北海道電話案内センター
TEL:011-222-7111
受付時間 6:30~22:00(年中無休)

【参考URL】
http://www.jrhokkaido.co.jp/network/guide/guide4.html#4_3


JR東日本(東日本旅客鉄道)犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について

【犬同伴時の乗車方法】
・犬の全身が隠れるケージに入れること。
 ケージは、スリングなど犬の形が分かるかばんではなく、形が固定されているかばんであれば持ち込み可能。
 改札口で必ず駅員に見せて確認すること。
・ペットカートのバッグ部分が制限内の大きさであれば分解して持ち込み可能。
 ※ベビーカー利用時も同様のご案内をしていおります。

【制限・料金】
★一辺最大長さ:70cm
★縦横高さ合計:90cm
★重量制限:10kg
★乗車料金:280円

【問合せ先】
JR東日本ご意見承りセンター
TEL:050-2016-1651
受付時間 9:00~18:00

【参考URL】
http://www.jr-odekake.netrailroadticketguide04.html
※こちらの『JRおでかけネット』のサイト上に掲載されている画像内に、「抱いたままやバッグに入れた状態ではご利用になれません。」と記載がございますが、この“バッグに入れた状態ではご利用になれません”の部分に関しては、犬の全身が完全に隠れるバッグであれば制限内の大きさで利用可能との回答をいただいております。




犬 ペット キャリー ハードキャリー 電車に乗れるバッグ




JR東海(東海旅客鉄道) 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について

【犬同伴時の乗車方法】
・ペットケースの制限内の大きさであれば、かばんでも持ち込み可能。
 ※布状で形態が固定しないもの(ドッグスリング等)については全身が入っていてもご利用いただけません。
・カートのバッグ部分が制限内の大きさであれば分解して持ち込み可能。

【制限・料金】
★一辺最大長さ:70cm
★縦横高さ合計:90cm
★重量制限:10kg
★乗車料金:280円


【問合せ先】
JR東海サービス相談室
TEL:050-3772-3910
受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝、年末年始を除く)

【参考URL】
http://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/rule47.html


JR西日本(西日本旅客鉄道) 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について

【犬同伴時の乗車方法】
・犬の全身が隠れ、ふたが閉まるケースに入れること。
 ケースは全部隠れる状態で制限内の大きさあれば、かばんでも持ち込み可能。
 ※手回り切符拝見時に駅係員が持ち込み可能なかばんか確認させていただきます。
・ペットカートはそのままの状態での持ち込みは不可。
 ※骨組みとバッグを分解し、バッグ部分が制限内の大きさであれば持ち込み可能。
 ※混雑状況で乗車制限をする場合もございます。

【制限・料金】
★一辺最大長さ:70cm
★縦横高さ合計:90cm
★重量制限:10kg
★乗車料金:280円

【問合せ先】
JR西日本お客様センター
TEL:0570-00-2486
受付時間 6:00~23:00(年中無休)

参考URL
http://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/04.htmll
※こちらの『JRおでかけネット』のサイト上に掲載されている画像内に、「抱いたままやバッグに入れた状態ではご利用になれません。」と記載がございますが、この“バッグに入れた状態ではご利用になれません”の部分に関しては、犬の全身が完全に隠れるバッグであれば制限内の大きさで利用可能との回答をいただいております。


JR四国(四国旅客鉄道) 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について

【犬同伴時の乗車方法】
・全部隠れる容器に入れること。
 ケースは全部隠れる状態で制限内の大きさあれば、かばんでも持ち込み可能。
・カートはそのままの状態での持ち込みは不可。
 ※骨組みとバッグを分解し、バッグ部分が制限内の大きさであれば持ち込み可能。

【制限・料金】
★一辺最大長さ:70cm
★縦横高さ合計:90cm
★重量制限:10kg
★乗車料金:280円


【問合せ先】
JR四国電話案内センター
TEL:0570-00-4592
受付時間 8:00~20:00(年中無休)

【参考URL】
http://www.jr-shikoku.co.jp/02_information/kippu_info/kippu_sonota.shtm#temawari


JR九州(九州旅客鉄道) 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について

【犬同伴時の乗車方法】
・犬の全身が隠れるケースに入れること。
 ケースは全部隠れる状態で制限内の大きさあれば、かばんでも持ち込み可能。
・ペットカートはそのままの状態での持ち込みは不可。
 ※骨組みとバッグを分解し、バッグ部分が制限内の大きさであれば持ち込み可能。

【制限・料金】
★一辺最大長さ:70cm
★縦横高さ合計:90cm
★重量制限:10kg
★乗車料金:280円

【問合せ先】
JR九州旅客鉄道
TEL:050-3786-1717
受付時間 8:00~20:00

【参考URL】
http://www.jrkyushu.co.jp/faq/q_and_a/train/others/index.jsp




<h3><img src=




犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について 犬 キャリーバッグ・ペットカートでの電車利用方法・規制について


ページトップへ戻る